京都の離婚、男女問題、慰謝料、財産分与、離婚調停の相談は弁護士馬場充俊

公営住宅への優先入居

公営住宅への優先入居

DV被害者世帯、ひとり親世帯、高齢者世帯、心身障害者世帯、多子世帯などは優先入居があります。

 

倍率は地域によってさまざまで、大都市の場合はすぐに便利な場所に入居できるか分からないので、先ずは賃貸アパートに住みながら、何回か公営住宅に応募することも考えます。

 

申請書は市区町村の指定の窓口に置いています。

トップへ戻る